LINK
自動車重量税、通称重量税という税金は国産メーカーの自動車あるいは輸入車という愛車の生産している国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、セダンなど自動車の形状に関係なくホンダやクライスラー、等でも同様に納付が必要な税金なんです。新車登録をする時、または定期車検の際に支払う必要があるものです。この支払金額はそれぞれのクルマのウエートにより決められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く異なる概念のため、混同しないようにする必要があります。「自動車重量税はクルマの車重で」「自動車税という税金は自動車の排気量により」税額が変わります。売却する際の扱われ方変わりますので注意が必要です。車の買い取りのときには既に納めた自動車の税金がいくら残っていた場合でもその税額が返還されるということはありませんが、一方で、自動車税であれば、支払い済みの税金を査定額に乗っけてくれる場合がなくはないですが、重量税の時は上乗せしてくれるといったケースはほとんどないのです。重量税については、車を手放すときに支払った額が残っていると言っても中古車の買取店の方でその事実が考慮されることはまずないのです。ですのでその次の支払い、つまり次の車検まで待機してから買い取りをお願いするということが最も良いでしょう。車の売却時は考慮されないのが重量税ですがある条件の事例だと返還されることがあります。というのは次の車検までの期間が残存している愛車を廃車として処理する際です。というのは、廃車申請をした際に残存期間に応じた額が戻ってきます。ただし引き取りの場合はその中古車が廃車されるわけではないので返金されません。また、所有車の名義を変更してしまった際や、盗まれた場合も還付を受けることはできません。自動車重量税の残っている期間があるクルマを売却するイコール車検期間がまだある中古車ということと同じです。それを店側も配慮しますので自動車重量税が残存していれば少しは買取金額は増えることでしょう。もちろん、売却額は店舗次第で異なりますが車検の効力が残っている事実が忖度されればクルマの売却額と比べるとそれほど払い損ということもありません。