LINK
自動車の買い取りで近年脚光を浴びているのがオークション個人間取引があります。インターネットオークションの利点はいくつかありますが、例えば、自動車の買取専門店や下取りに出すよりも高い査定額で売ることができるということです。ご自身が売りたい自動車の売却額相場を把握してあと一息と思ったならネットオークションで売ることによってよりいい額で売るということができると思います。ただしちょっと手間がかかるのが負担のひとつといえます。オンラインオークション出すのならば、一般に言われるモバイルオークションなどを利用するのではなく、中古車情報サイトや中古車専門店が集う場所でインターネットオークションに出すのが好ましいです。こうしたサイトを利用することで、ある程度の定型書式が用意されていますからそういうものを使って文字を打ち込んでいくことによって初めてでも時間を掛けずに出品準備が整います。オークションサイトで売却をする際のポイントとして自動車は写真の映りが肝要です。写真を手掛かりに購買者は車両の程度を見ていくといわれます。自動車の画像は該当する車の外見は当然ですが、カーナビ、水温計などの内装もしっかりと撮らなければいけません。それから、愛車の出品した後の苦情を抑止する意味でも凹みや傷、汚れなどがあるようならば説明が必要な個所を分かりやすく画像によって見てわかるようにしましょう。これは中古車を査定に出す場合についても同じことが言えます。またおまけとしてカーナビやサイレンサー、オイルクーラーや車高調整キット、スピードメーター、リアスポイラーというような改造用部品が付いている車両であれば細かく記載したうえでそれぞれの写真を画像を用意しておくとよいと思います。カーテレビや車高調整キット、3連メーター、ラジエーターや吸気・排気系パーツ、マフラーカッター、ドアパネルといった社外パーツは人によっては、やはり魅力的に映ります。ネットオークションで出品した後のトラブルを可能な限り防止するひとつの方法として修理の事実や車検切れなどがあったらもれなく詳細に書くようにようにする必要があります。自分で競売に出品するのが想像以上に難しい場合は、オークション代行専門業者という業種があるのでこの業者ににお願いするという手法もあるのです。これは通常のネットオークションではなくってご自身の車を専門業者が集うオークションに掲載し進めていただく形になっています。車の買取相場が通常の査定相場ではなく専門業者が集まる取引相場のため、普通のオークションサイトに比べ、高額での落札になる場合が多いです。オークションサイト代行専門業者の手数料を差し引いた形で売る車の入金される金額が支払われますので、オンラインオークションを代行してくれる業者の実績や取引マージン次第で、一般的なインターネットオークションに比べて結果的に少し売却額が下がる可能性もあるので注意が必要です。このようなインターネットオークションはだいぶ競売代行業者に左右されることも大きいですから実力のあるところに頼むということが肝要な点なのです。オークションでの意見の相違に関しては、委託することになるため結構少ないはずです。どのようなネットオークションの形でも同じですが、自分の自動車に都合の悪いこと(傷、へこみ、修復歴など)を公表しないでいると減額されたり場合によっては訴訟になることもあります。自らの車のステータスは絶えず説明をしていくようにする必要があると思います。