LINK
中古車の買取金額を可能な限り上乗せするには、、愛車を売る時期、タイミングなども影響してきます。自ら店まで車を使って見積もりをすることなくネットで車買い取り店で車の査定調査にだせば、直ぐに査定価格の提示してくれますが、乗り換えを検討している愛車をできるだけ高く乗り換えることを配慮すればいくつかのタイミングがある訳です。どういったものがあるかと言えばひとつに、走行距離です。走行距離はクルマの買い換え額の査定をする上で重要な目安となる項目として認識されています。何kmくらいの走行距離で手放すのが望ましいかという話ですが中古車の買取査定に影響する走行距離は5万キロという話ですから、50000kmを超えてしまう前に査定を頼んで売ってしまうとよいでしょう。走行している距離が10000kmと70000kmでは自動車の売値価格は相違があります。二つ目に車検です。当然車検にはお金がかかりますから車検時期までの残月数が長いほど査定額は高くなると思うかも知れませんが、実際のところ車検時期は中古車の査定額には全然相関性がありません。これというのは現実に実行してみたらはっきりわかるでしょう。車検のタイミングは売却を考える時期としてはいいタイミングということです。つまり見積額を上げるために、車検を済ませてから見積もりを頼もうと考えるのはお金と手間がかかるだけで、ほとんど意味がないということになります。それから買取業者に車を売却するタイミングとしては2月と8月が狙い目と言われている時期です。なぜなら車買取業者の決算の時期が3月と9月のところが結構多いからです。そのため、例えば1月に売ろうとしたらあと少し待って2月に中古車の売却額査定を専門店に依頼して手放すのもありだと思います。あなたの事情もあるので、誰もが時期に売りに出すというわけにもいかないと思いますが、できるならこのような時期に手放すのがよいかもしれません。