LINK
自動車重量税、別名重量税という税金は、国産車もしくはイタリア車というような自動車の生産している国やエコカー、ワゴン車という自動車のタイプも関係なくたとえばミツビシやアルファ、などでも変わりなく納付しなくてはならない税金です。新車登録のさい、または車検の場合に支払わなければいけないものです。支払金額はそれぞれのクルマの重さ毎に定められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全然違う税金ですので、しっかり理解して混同しないようにしなければなりません。「自動車重量税というものは自動車の車重毎に」「自動車税というものはリッター数で」その税額が違います。また引き取りする際の扱われ方違ってきますので注意しなければなりません。自動車の買い取りのときには支払い済みの車の税額がどれだけ残っていても、その額が返ってくることはありませんが、一方で、自動車税でしたら、支払い済みの税額を買取額に上乗せしてくれるというケースがあるものの、重量税については上乗せになるということはほとんどありません。重量税については車の処分時に支払い済みの税額が残っていると言っても自動車の買い取り専門業者にてその事実が配慮されることは少ないです。ですのでその次の支払いつまり次回の車検まで待機してから売却をするという手段が無駄がないでしょう。車の買い取りの時は考慮してもらえない重量税ですが特定のケースでしたら返還されることもあります。というのは、次の車検までの期間が残存しているクルマを廃車にする時です。要するに廃車登録をした際に、残っている車検期間に応じて金額が還付されます。ですが、中古車買い取りの時はその自動車が廃車になるのとは違って返金されません。またクルマの名義を変更したケースや、盗まれた際も返金してもらうことはできません。重量税の残存期間がある愛車を買い取るというのは要するに車検期間がまだある車ということになります。そういったことを店側も考慮しますから重量税の残存期間があれば売却額が増えることでしょう。当たり前ですが、買取額は業者によりまちまちなのですが、車検の効力が残っているということを計算に入れてもらえば自動車の買取金額からみるとそこまで割に合わないということもありません。