LINK
自動車の査定のポイントとして重視されるもののひとつに走行距離があります。走行距離イコールマイカーの耐用年数とされる場合もありますので、走行距離というのは長いだけ、買取査定にとってはマイナス面になるでしょう。一般的には走行距離そのものは短いほうが車の見積額は高値になりますが本当のところあまり細かい目安は存在しなく、定められたベースラインで査定されます。これというのは実際車を自動車業者で下取りする時も重視される見積査定の小さくない注意点のひとつです。例えば普通車ですと年間走行距離10000kmを基準として10000kmを超えていると査定がマイナスになるなどです。軽自動車では年間で8000キロがまた年式が古い割に距離が非常に少ないという場合でも、査定額が高値になるというわけでもありません。本当に実行したらたいへんよく感じられると思いますが中古車は定期的に動かすことで状態を維持することができるので短い走行距離の自動車であれば、破損しやすいとみなされることもあると思います。車も同じだと言えます。基本的には年式と走行距離での査定の留意点は年数と比べて程よい距離を走っているかというところです。次に愛車の初年度登録からの経過年数も中古車の売却額査定の大きなポイントになります。十分理解しているんだというようなかたも多いだと思いますが、一般的には年式については最近であるほど査定をする上で高評価が出やすいのですが例外的にその年式に希少価値があるブランドは、新しくない年式の場合でも高値で見積してもらえることもあります。同じ車種で同様の年式であってもその年式の中でマイナーチェンジ、モデルチェンジがされている場合は、当然その場合によって見積額は違ってきます。全く同じ自動車の見積もりと言ってもいろいろな要因で車の評価は多少異なってきます。