LINK
自動車の売却額をできるだけ上乗せするものには、中古車を売る時期タイミングというものも関係があります。わざわざお店まで車を運転して売却額査定を依頼しなくてもオンラインで自動車店で査定確認をお願いすれば簡易的に査定の概算見積りしてくれますが、乗り換えを検討しているクルマをちょっとでも無駄なく売ろうと前提とすれば数点の注意点がある訳です。どんなものがあるかと言えば第一に、走行距離です。中古車にとっての走行距離は愛車に対する売却金額の査定をするにあたり重要な基準となる指標です。どの程度の走行距離で売却するのがよいかと考えると、自動車の見積額に差が出てくる基準は50000kmという説が有力ですから、そこをオーバーするより先に売却額査定をしてもらって引き取ってもらうのが望ましいと思います。メーターが30000kmと80000kmではご存知の通りで、査定対象車の売却金額は評価が異なるはずです。それから車検が挙げられます。周知の通り、車検には現金が必要ですので車検が必要になるまでの時間が残っているほど査定は高くなると思うのが普通かもしれませんがそれは誤りで、実際は車検時期がいつであろうと自動車の買取査定にはそれほど響くことはありません。こういった内容は本当にやってみるととてもよく実感できます。車検前は売り時としてもタイミングがいいです。逆に、査定を吊り上げるために車検直後に買取査定を依頼しようとするのは車検代が勿体無くたいして意味がないということになります。その他に専門業者に自動車を売却する好機として2月と8月はチャンスです。なぜかと言いますと、車買取業者の決算が3月と9月のところが多くあるからです。なので、例えば1月に売ろうと思ったらもうちょっと待って2月に買取査定を専門業者に依頼して引き取ってもらうのも良いと思います。あなたの都合もありますから、ひとまとめにしてこういった時期を狙って売却するわけにもいかないかもしれませんが、可能ならばこういった時期を狙ってみると良いと思います。