LINK

是が非でも痩せたいと思っている方が取り組むべき減量はどのような減量方法なのでしょうか。山口孝志

今や多くのダイエット方法が紹介され、どんどん新たなダイエット方法が考え出されているので現在の体調に合うダイエットを実施するとうまくいきやすいと考えます。山口孝志

本気で減量したいとは思っているが走ったり有酸素スポーツを休まず実行するのは無理な人も中にはおられます。

反対に食事の量を減らすのは実施することが困難だと感じてしまう方も中にはいると思います。

その人にあった方法や実現しづらい分野は人によって異なります。

スリムになりたいという目標を達成するためには実行しやすい方法を最初に見つけることが大事です。

スリム化を実施していると、痩せると決意をしていた場合でもストレスは感じる瞬間もあります。

減量したいという感情をことあるごとにスリム化への信念に変えながら、辛いと感じない範囲でたんたんと気長に継続が重要になります。

リバウンドしてしまうケースは、クイックに体脂肪を減らしすぎたケースで陥りやすいので、短期のダイエットは注意すべきです。

大きな食事量の減少やスポーツをするとき長期での実施は自分には無理だけれど短い期間ならできるかもしれない考える方もいるようです。

食事量の減らし方により減量中の体が飢餓状態と勘違いし脂肪を増加させやすい体となり減量実施が進まないなることが多くあります。

減らした分は確かにダイエットの効果が出ているように見えて体重が少なくなっている場合もあるかもしれませんが、食べる量を戻せば元に戻るくらいのものであると意識しておくべきかもしれません。

スリム化で減量したいと思うなら、2か月の間に3kg減らすようなゆったりとしたストレスの少ないやりかたがよいでしょう。